脱毛症の対処方法について

女性が抜け毛に悩む時は、更年期で女性ホルモンが少なくなるとか、あるいはストレスなどで、ホルモンや自律神経に悪影響が出る時です。また極端なダイエットをしていて、髪にダメージが出ることもあります。もちろんヘアケアの仕方がよくないとか、パーマ、カラーリングなどが関係していたりもします。しかしそれ以外に、脱毛症が原因ということもあります。たとえば円形脱毛症、牽引性脱毛症、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などです。

 

まず円形脱毛症ですが、これはストレスが主な原因です。その名の通り、脱毛した部分が丸い形になります。小さい場合はわかりにくいのですが、大きな場合はかなり目立ちますので、皮膚科を受診して治療を受けるようにしましょう。それから牽引性脱毛症があります。これは髪を束ねたり、同じ部分で分けたりしていることで、髪にダメージを与えてしまい、その部分が薄くなる脱毛症です。髪形を変えるとか分け目を変えるといったことで、ある程度は解消できます。

 

また根元が痛くなるほど髪を引っ張ったり、無理に抜いたりするのもダメージを与えやすいので気をつけましょう。そして脂漏性脱毛症、皮脂が毛穴を塞ぐために髪が生えなくなったり、抜けやすくなったりする病気です。治療方法としては、頭皮の脂を取り除くことになりますが、自己判断せず、医師の診断を受けるようにしましょう。そして粃糠性脱毛症ですが、こちらはフケが毛穴を塞ぐことで起こる脱毛症です。

 

髪を洗いすぎて頭皮が乾燥し、フケとなることが多いのですが、シャンプーのすすぎ残しなどで起こることもあります。いずれにしても、最近抜け毛が多いと思ったら、まず医師の診察を受けるようにします。そのうえで、シャンプーを自分に合った物に変える、マッサージをする、食生活を変えるなどといった方法を採るようにしましょう。そしてパーマやカラーリングをする場合は、できるだけ頭皮を傷めない方法を美容師さんにお願いして、対処するようにしてください。

PR|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|オーディオ|童話|健康に役立つ口コミ情報|エステサロンを上手に利用する情報サイト|ショッピングカート|工務店向け集客ノウハウ|ダイエットチャレンジ100日|AGAでお悩み解決|女性向けエステ.com|SEOアクセスアップ相互リンク集